スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年週末ボランティア総会報告、新ウェブサイトのお知らせ

すでに東條代表からの報告も出ているように、7月13日に2008年週末ボランティア総会が行われました。

昨年同様今年も私案を用意して臨みましたが、今回は特に、この1年あまりの取り組みと成果を確認し共有するべく、資料を準備しました。こちらは総会に参加されなかった方だけでなく、これから週末ボランティアに関心を持ち参加してくださる方のために作成したものでもあります。提案内容及び資料の概略は、既出の「2008年週末ボランティア総会提案 (私案)」の通りです。
すでに出されている報告のうち、若干注意を要する点をいくつか。

私が準備した資料は、上述の趣旨から、量・質ともほとんどが「方針」というより「総括」のためのものです。

総会議事では、「方針」として、

「週末ボランティアの活動は、お話伺いを起点として、コミュニティーの創造・構築住民の主体性発揮のサポート行政監視政策提言などに及ぶものである」こと、その「活動の目的は、被災地の復興と被災者の生活再建に貢献・寄与することであり、「被災者の中に尊厳を見いだす姿勢が求められる」といった、基本的な「活動の目的・趣旨の確認」をまずもって行ったこと、

「宗教や政党など全く無関係の民間のボランティア団体」と、訪問予定の住民宅に投函される「予告チラシ」に記されているよう、政治党派や宗教団体とは無関係・中立で、行政の下請のごときでもない言動と姿勢を堅持することを確認したこと、

これらを抜きにしてはなりません。

東條氏の報告では、「新指導体制」といった文言が見られますが、これについては「ボランティアに「指導部」も「体制」も要らない」との意見がだされたため、代表・会計(満場一致で再任)に「事務局」を加えたものも「役割分担」であって、「指導部」でも「体制」でもないことを確認したとすべきところです。

「取材等の受入」の項では、媒体の種類・ジャンルによる適否の例を挙げましたが、○が原則可、×は原則不可、△は内容により適否を精査・判断すべきものであって○・×の中間という意味ではないこと、媒体の種類・ジャンル双方の観点から判断するものであることを申し添えます。議論の中で、「媒体の種類」のうち「○新聞など」とあるところ「など」を削除、「△」の事例に「雑誌、映画」を追加すべきとなりました。

また、東條氏の報告にある「他団体との交流・連帯」とあるのは「他団体などとの交流・連携」の誤記と思われます。

今回の総会には、連絡がうまく行き渡らなかったのか、今年になってから新たに参加された方の姿がありませんでした。これからは訪問活動やその他の行事に参加するにとどまらず、清新な視点から意見と知恵を出し合い、ともにグループとしての神戸・週末ボランティアの活動を担い参画していくよう、呼び掛けたいと思います。


ここからは新ウェブサイトのお知らせです。

これまで個人サイトHARA Hideki's Roomでヴォランティア関係の記事を掲載してきましたが、このたび、神戸・週末ボランティア関係の記事を移動し、新たなウェブサイトとして制作することにしました。

新ウェブサイトは「This is 神戸・週末ボランティア ~すべての「不都合な真実」に捧ぐ」と名付けました。URLは http://kobe.cool.ne.jp/weekend-volunteer/ です。

新世紀の「週末ボランティア」訪問活動篇」・「新世紀の「週末ボランティア」訪問活動篇・2」・「「ちょっとカー」レポート」・「新世紀の「週末ボランティア」行事・イベント篇」・「週末ボランティア仮設住宅訪問100回に際して」・「阪神淡路大震災10周年を前にして」・「「週末ボランティア」正常化闘争の軌跡」は、新たなサイトに移動・集約しました。今回の総会の報告もこちらで追加しています。

今後は活動紹介や仮設住宅訪問の記録なども加えていく予定です。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ボランティア
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

Secre

プロフィール

神戸・週末ボランティア 新生

Author:神戸・週末ボランティア 新生
 
We love KOBE Weekend Volunteer

神戸・週末ボランティア 新生の純正ブログです。

神戸・週末ボランティア 新生は、宗教や政党などまったく関係のない民間のボランティアです。寄付や署名の要請、投票依頼、販売行為などはいっさいしませんので、ご安心下さい。

お問い合わせ、ご相談、参加申込などの
メールはこちらからどうぞ。

メールお待ちしています。


当ボランティアは、2016年7月23日、
仮設・復興住宅訪問通算650回をむかえました!

ご案内とお誘い
 
1回だけでも、初めてでも、お気軽に

神戸・週末ボランティア 新生は、復興住宅への訪問活動を行い、阪神淡路大震災で被災された方からの「お話し伺い」(傾聴ボランティア)をしています。

詳細は随時紹介します。

☆新聞で紹介されています☆

産経新聞 神戸版 2014.3.23
「復興住宅訪問600回へ 神戸のボランティア団体 HPで問題共有
「時間重ねて見える問題も」「復興住宅訪問600回へ 神戸のボランティア団体

神戸新聞 神戸版 2014.3.23
住民の悩み聞き続け 神戸・週末ボランティア 新生 「将来の一助に」 復興住宅訪問、仲間募る

毎日新聞 神戸版 2014.3.23
「神戸・週末ボランティア新生」、被災者訪問30回目/兵庫

産経新聞 神戸版 2010.11.28
若者にも被災者支援の輪 神戸市民グループ「週末ボランティア」

当ボランティアは、2014年3月30日、
仮設・復興住宅訪問通算600回をむかえました!

This is 神戸・週末ボランティアYahoo! JAPANカテゴリ登録
されています。

Twitter - welove_kobe
MixiコミュニティMixiページ
掲示板FacebookページGoogle+Instagram
もよろしく!

おことわり
類似名称を用いているものにつきまして、2013年以降、神戸・週末ボランティアに(代表:東條健司)などの追記をしたものは、1995年に活動を始めた「神戸・週末ボランティア」及び当〈新生〉とは関係ありません。



カテゴリ
Twitter
Facebook
最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。