第481(新生第39)回訪問活動

新生週末ボランティア第39回目となった3月14日の訪問活動は,常連となった参加者に初参加者の女性を含めて,桜の開花予想日の早まるかと思われるような,暖かな好天の中で行われました。今回は,これまでの度重なる長時間移動の疲れが蓄積したことによるものか,若干体調が思わしくない中での訪問となったのが残念です。
HAT神戸・脇の浜住宅の中でも北側の棟で,廊下からは眼下に引き込み線跡が見え,その先には国道2号線と高架になった阪神高速5号神戸線が東西に走り,その先には,少なからざる住民の方が震災前に住んでいた地域が,六甲山系の麓にのびていくのが見えます。

そうした景色を背にして,訪問先のお宅のインターホンを鳴らし「こんにちは。週末ボランティアです。」と呼びかけて出てこられるのを待ちます。その間,高層階になればなるほど中の物音が,国道と高速を走る車の音で聞き取りにくくなる中,注意しながら,耳をそばだてて待ちます。

そうしてようやっと訪問先住民の方が出てくられるとお話し伺いになります。もっとも風が強く,訪問時刻が遅くなって陽が傾いてくると寒くなってきて,お身体をおもんばかってお話し伺いを切り上げることもありました。そうしたひとつを簡単に紹介しておきます。

・50代女性,一人暮らし。中央区で全壊。近くの会社に避難し,1フロアにいた高齢者が多い100人ほどを世話する責任者になった。すべての避難者の行き先が決まってから,最後に出て,りんくうタウン(大阪府泉佐野市,関西国際空港近く)の仮設住宅へ。この復興住宅は竣工が遅かったため,ポートアイランドの仮設住宅で1年間待ってから入居。4人の子どももここから独立していった。腎臓を患っているが,薬と食事療法で,透析にいたらないようにしている。また毎朝,歩いていくのはしんどいので,自転車で教会に行く。これを日課にして,規則正しい生活と運動を心がけていると,顔色も良く,明るく前向きに話された。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 神戸
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

Secre

プロフィール

神戸・週末ボランティア 新生

Author:神戸・週末ボランティア 新生
 
We love KOBE Weekend Volunteer

神戸・週末ボランティア 新生の純正ブログです。

神戸・週末ボランティア 新生は、宗教や政党などまったく関係のない民間のボランティアです。寄付や署名の要請、投票依頼、販売行為などはいっさいしませんので、ご安心下さい。

お問い合わせ、ご相談、参加申込などの
メールはこちらからどうぞ。

メールお待ちしています。


当ボランティアは、2016年7月23日、
仮設・復興住宅訪問通算650回をむかえました!

ご案内とお誘い
 
1回だけでも、初めてでも、お気軽に

神戸・週末ボランティア 新生は、復興住宅への訪問活動を行い、阪神淡路大震災で被災された方からの「お話し伺い」(傾聴ボランティア)をしています。

詳細は随時紹介します。

☆新聞で紹介されています☆

産経新聞 神戸版 2014.3.23
「復興住宅訪問600回へ 神戸のボランティア団体 HPで問題共有
「時間重ねて見える問題も」「復興住宅訪問600回へ 神戸のボランティア団体

神戸新聞 神戸版 2014.3.23
住民の悩み聞き続け 神戸・週末ボランティア 新生 「将来の一助に」 復興住宅訪問、仲間募る

毎日新聞 神戸版 2014.3.23
「神戸・週末ボランティア新生」、被災者訪問30回目/兵庫

産経新聞 神戸版 2010.11.28
若者にも被災者支援の輪 神戸市民グループ「週末ボランティア」

当ボランティアは、2014年3月30日、
仮設・復興住宅訪問通算600回をむかえました!

This is 神戸・週末ボランティアYahoo! JAPANカテゴリ登録
されています。

Twitter - welove_kobe
MixiコミュニティMixiページ
掲示板FacebookページGoogle+Instagram
もよろしく!

おことわり
類似名称を用いているものにつきまして、2013年以降、神戸・週末ボランティアに(代表:東條健司)などの追記をしたものは、1995年に活動を始めた「神戸・週末ボランティア」及び当〈新生〉とは関係ありません。



カテゴリ
Twitter
Facebook
最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR