スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第497(新生55)回 訪問活動

新生週末ボランティア第55回目となった12月12日の訪問活動は,恒例の神戸ルミナリエに大勢の人が神戸三宮~元町にやってくる中,師走をむかえて多忙となった常連参加者が何人か抜けてしまった一方,就職活動で多忙になりつつある3回生の大学生が初参加してくれました。
資料をもとに簡単にレクチャーしたあと,復興住宅現地へ向かいました。時には高層階から見える六甲の紅葉を愛でながら,「お話し伺い」に,積極的・主体的に臨む姿に,新鮮さと心強さを覚えました。また,訪問活動を終えたあとは,いつも自宅を活動場所に提供してくださっている倉谷さんの誕生日(赤穂義士討ち入りの12月14日)を,新たな仲間を交えて,前祝いしました。

今回うかがったところを簡単に紹介しておきます。

・20代男性,中央区で被災。住める状態ではなかったが全壊判定にならなかった。仮設住宅には入らず姫路の親戚宅へ身を寄せた。復興住宅入居に不利となったため,竣工が遅かったこの復興住宅へ。
・60代女性,東灘区で被災。娘さんと同居。もう一人の娘さんが双子の出産のため入院中で,その看病と孫の世話に追われている。被災当時少年であった息子さんも独立しているが,近くの公営住宅に住むようになり,やはり孫の世話などをあてにされているとのこと。
・70代夫婦2人暮らし,東灘区で全壊。六甲アイランドの仮設住宅からこの復興住宅へ。入居申し込み当時,奥さんがまだ60歳に達していなかったため,高齢者世帯として優先されなかった。下敷きになった人を皆が持ち寄れるものを持ち寄って助けようとしたというお話しは,初参加者の心に残った。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 神戸
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

Secre

プロフィール

神戸・週末ボランティア 新生

Author:神戸・週末ボランティア 新生
 
We love KOBE Weekend Volunteer

神戸・週末ボランティア 新生の純正ブログです。

神戸・週末ボランティア 新生は、宗教や政党などまったく関係のない民間のボランティアです。寄付や署名の要請、投票依頼、販売行為などはいっさいしませんので、ご安心下さい。

お問い合わせ、ご相談、参加申込などの
メールはこちらからどうぞ。

メールお待ちしています。


当ボランティアは、2016年7月23日、
仮設・復興住宅訪問通算650回をむかえました!

ご案内とお誘い
 
1回だけでも、初めてでも、お気軽に

神戸・週末ボランティア 新生は、復興住宅への訪問活動を行い、阪神淡路大震災で被災された方からの「お話し伺い」(傾聴ボランティア)をしています。

詳細は随時紹介します。

☆新聞で紹介されています☆

産経新聞 神戸版 2014.3.23
「復興住宅訪問600回へ 神戸のボランティア団体 HPで問題共有
「時間重ねて見える問題も」「復興住宅訪問600回へ 神戸のボランティア団体

神戸新聞 神戸版 2014.3.23
住民の悩み聞き続け 神戸・週末ボランティア 新生 「将来の一助に」 復興住宅訪問、仲間募る

毎日新聞 神戸版 2014.3.23
「神戸・週末ボランティア新生」、被災者訪問30回目/兵庫

産経新聞 神戸版 2010.11.28
若者にも被災者支援の輪 神戸市民グループ「週末ボランティア」

当ボランティアは、2014年3月30日、
仮設・復興住宅訪問通算600回をむかえました!

This is 神戸・週末ボランティアYahoo! JAPANカテゴリ登録
されています。

Twitter - welove_kobe
MixiコミュニティMixiページ
掲示板FacebookページGoogle+Instagram
もよろしく!

おことわり
類似名称を用いているものにつきまして、2013年以降、神戸・週末ボランティアに(代表:東條健司)などの追記をしたものは、1995年に活動を始めた「神戸・週末ボランティア」及び当〈新生〉とは関係ありません。



カテゴリ
Twitter
Facebook
最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。