スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第498(新生56)回 訪問活動

新生週末ボランティア第56回目となった12月26日の訪問活動は,年末の多忙でお話し伺いできないところも若干ありましたが,2新聞社の取材が入るなか,師走としては暖かな中で行われました。例年のことながら,この時期になると「1.17」が近づくことから,取材が目立ちますが,今回は,来2010年2月に訪問活動通算500回をむかえることによるのでしょう。それはともかく,内実と資質において評価されて伝えられることを願いたいものです。
復興住宅現地に向かう前に,勤労会館の一室で訪問前レクチャーを行い,訪問にあたっての意思統一を図っていますが,その場に,グループとしてとは関係のない“活動”で,一人の人物が現れました。先の「確認調査報告」に記した件は,この者によるものであったため,レクチャーや訪問活動準備に支障がないよう,室外にて,口頭で注意しました。

「お話し伺い」から出発して,支援ニーズにどうこたえるかも,大事な課題です。仮設住宅訪問活動をしていたときは,支援ニーズに関する情報をグループで共有し,それをもとに対応できるボランティアが個別に対応できるようにしていました。しかしながら,現在の情況にあっては,伺った支援ニーズをグループで共有するのはもちろんのことですが,対応についても,グループとして行っていく必要があります。そうしないと,グループの内外を問わず,悪用される恐れもあります。

もしそうなれば,お力になれないことが残念であるのみならず,これまで築いてきた信用も信頼関係も失われてしまいます。

今2009年最後となった訪問活動で伺ったところを,簡単に紹介しておきます。

・70代女性,夫婦と娘さんの3人暮らし。灘区で全壊。親族のアパートに避難した後,民間賃貸住宅を経て,旧公団に申し込んでこの復興住宅へ。2年に1度家賃が上がり,今度上がれば上限に。生活は,年金のほか,ご主人の仕事が週2~3回,娘が出してくれている。70過ぎるとしんどい。不自由したが恵まれている方だと思う。
・40代女性,長田区で一部損壊。揺れで死ぬかと思った。水道が出てもガスが出ないと入れないので,風呂に困った。近くの小学校に2~3ヶ月避難。市営住宅を申し込んでいたがなかなかあたらず,粗末ながら家賃の高い文化住宅などを経て,旧公団に申し込んでこの復興住宅へ。「生きてなんぼ,命を大切にしてほしい」と16年目の「1.17」を控えてのメッセージ。
・70代女性,夫婦2人暮らし。東灘区で全壊,近くの小学校に1月あまり避難した後,希望していたところがなかなかあたらず北区の仮設住宅へ。寒かったが,ふれあいセンターでお茶を飲んだりしたことを思い出す。3年8ヶ月過ごしたが,最後の半年はうちだけだった。旧公団から借り上げた市営住宅であるこの復興住宅に。年金が少なく家賃は低減されているが,値上げされた。
・60代女性,中央区で全壊。お留守でしたがシートに記入してくださいました:家探しに苦労しました。水,食べ物に苦労。家賃の軽減をお願いします。
・30代女性。被災者枠ではなく一般入居とのことだが,インターホン越しにお話し伺い。震災の年に成人式をむかえた。犠牲者をもっとも多く出した大学に通っていたので,地震発生がもう少し遅かったら自分も…。

訪問活動を行った12月26日,「読売新聞」の夕刊に「被災者に耳傾け500回…神戸の「週末ボランティア」3万2500戸訪問」が掲載されました。これは11月14日の訪問活動への同行取材によるものです。この日同行取材した「神戸新聞」は翌27日の神戸版に「震災被災者訪問500回に 神戸の市民団体」を掲載してくれました。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 神戸
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

Secre

プロフィール

神戸・週末ボランティア 新生

Author:神戸・週末ボランティア 新生
 
We love KOBE Weekend Volunteer

神戸・週末ボランティア 新生の純正ブログです。

神戸・週末ボランティア 新生は、宗教や政党などまったく関係のない民間のボランティアです。寄付や署名の要請、投票依頼、販売行為などはいっさいしませんので、ご安心下さい。

お問い合わせ、ご相談、参加申込などの
メールはこちらからどうぞ。

メールお待ちしています。


当ボランティアは、2016年7月23日、
仮設・復興住宅訪問通算650回をむかえました!

ご案内とお誘い
 
1回だけでも、初めてでも、お気軽に

神戸・週末ボランティア 新生は、復興住宅への訪問活動を行い、阪神淡路大震災で被災された方からの「お話し伺い」(傾聴ボランティア)をしています。

詳細は随時紹介します。

☆新聞で紹介されています☆

産経新聞 神戸版 2014.3.23
「復興住宅訪問600回へ 神戸のボランティア団体 HPで問題共有
「時間重ねて見える問題も」「復興住宅訪問600回へ 神戸のボランティア団体

神戸新聞 神戸版 2014.3.23
住民の悩み聞き続け 神戸・週末ボランティア 新生 「将来の一助に」 復興住宅訪問、仲間募る

毎日新聞 神戸版 2014.3.23
「神戸・週末ボランティア新生」、被災者訪問30回目/兵庫

産経新聞 神戸版 2010.11.28
若者にも被災者支援の輪 神戸市民グループ「週末ボランティア」

当ボランティアは、2014年3月30日、
仮設・復興住宅訪問通算600回をむかえました!

This is 神戸・週末ボランティアYahoo! JAPANカテゴリ登録
されています。

Twitter - welove_kobe
MixiコミュニティMixiページ
掲示板FacebookページGoogle+Instagram
もよろしく!

おことわり
類似名称を用いているものにつきまして、2013年以降、神戸・週末ボランティアに(代表:東條健司)などの追記をしたものは、1995年に活動を始めた「神戸・週末ボランティア」及び当〈新生〉とは関係ありません。



カテゴリ
Twitter
Facebook
最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。