スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第56(新生181)回訪問活動準備 (2015/05/08) レポート 〈新緑と彩りの中で,仮設・復興住宅訪問通算623回〉

ツツジが咲く神戸市営住宅・ベルデ名谷4番館前の坂道毎度This is 神戸・週末ボランティアをご覧くださいましてありがとうございます。神戸・週末ボランティア 新生では,引き続いての取り組みをさせていただいています。
 
ゴールデンウィーク終盤ともいえる時期ですが,翌週末には神戸市内では神戸まつりが,大阪市では大阪市廃止,区設置に関する住民投票が予定されていることから,5月の復興住宅訪問活動を9日に,準備を前日の8日に行うことにしました。

噴水がやさしく涼やかな垂水東口いかなごのモニュメント Plaza fishこの日は,垂水駅前で地元メンバーとともに準備をしてから,現地に向かい,翌9日にお伺いするお宅へ,訪問予告のビラをドアポストに投函させていただきました。

神戸・週末ボランティア新生の復興住宅訪問活動予告ビラ 2015/05/09分復興住宅訪問活動としては,ほぼ1ヶ月ぶりになりますが,1月末~4月上旬は,長田の借り上げ復興住宅をお訪ねしたため,この住宅へは,1月中旬に,「希望の灯り」とともに伺って以来,4ヶ月近くの間が開きました。

暖かな好天の中,現地にまいりますと,植え込みのツツジが見頃を迎え,季節の彩りを添えてくれました。

4月25日に発生したネパール大地震に関心が向きつつある中,むしろそうしたときだからこそ,これまでの被災地に根ざし,これまでの被災者に寄り添う,「まだまだやります。「息の長い支援」は神戸から」というテーマの意義が問われているのだろうと,いっそう思われました。

神戸市営住宅・ベルデ名谷 5・6・7番館今回は,1月中旬の訪問時の状況や,ボランティアの負担等も考慮し,これまでより1回の訪問戸数を抑えて,一人一人の方にじっくり伺えるように心がけました。

そうした中でも,お声がけさせていただいたのみならず,その場で「お話し伺い」になることもあり,夕方近くなって,現地をあとにしました。

おかげさまで実り多い1日になりました。ありがとうございました。

ツツジが咲く神戸市営住宅・ベルデ名谷4番館前の坂道からご参加,ご協力いただいた皆さんをはじめ,Yahoo! JAPAN 登録純正サイトThis is 神戸・週末ボランティアや,MixiコミュニティMixiページFacebookページTwitter - welove_kobeを通じて,ご縁を戴きました皆様に改めて感謝いたします。



この日伺ったところの概要です。

・90代女性。この復興住宅に入居して16年。区役所へ行ってお願いしてみたら,1回目で当たった。補欠だったが,すぐ入れてもらえた。この棟は,自治会もあって,しっかりお世話する人がいるので安心。ありがたく感謝している。80歳の時,新聞を取るのをやめた。以前は投稿した短文が掲載されたことがある。短歌や俳句を,今も色紙に書いたりしている。手芸も趣味。年をとると,なんぼ頭よかったとしても追いついていけへん。80は和解,70は青年。この住宅は,地図にちゃんと載っていないので,何かあったとき,親戚などに,遠くから駆けつけてもらうのに困る。自分は最後までここでお世話になりたい。足がむくむ,腰が痛いので,立ち続けるのはたいへん。上がってコーヒーでも…とすすめられたが,遅くなっていたので辞去した。

・70~80代男性。お出かけになるとき,近くの住民の方とお話し伺いになったときに出会う。「あっ,ツバメが巣つくっとう。薬撒いとかななぁ…。まだ暑いかなぁ…。」とおっしゃったので,もうすぐ陰ってくるでしょうから,(陽が暮れないうちに)お早めに,と見送る。

・70~80代女性。4番館前のベンチで座っているところに出会う。ラジオを聴きながら休んでいた。「今さっき座ったところ…。」エレベータまで案内していただいた。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 神戸
ジャンル : 地域情報

tag : 阪神淡路大震災 ボランティア 神戸 支援 訪問 傾聴 復興住宅 垂水

コメントの投稿

Secre

プロフィール

神戸・週末ボランティア 新生

Author:神戸・週末ボランティア 新生
 
We love KOBE Weekend Volunteer

神戸・週末ボランティア 新生の純正ブログです。

神戸・週末ボランティア 新生は、宗教や政党などまったく関係のない民間のボランティアです。寄付や署名の要請、投票依頼、販売行為などはいっさいしませんので、ご安心下さい。

お問い合わせ、ご相談、参加申込などの
メールはこちらからどうぞ。

メールお待ちしています。


当ボランティアは、2016年7月23日、
仮設・復興住宅訪問通算650回をむかえました!

ご案内とお誘い
 
1回だけでも、初めてでも、お気軽に

神戸・週末ボランティア 新生は、復興住宅への訪問活動を行い、阪神淡路大震災で被災された方からの「お話し伺い」(傾聴ボランティア)をしています。

詳細は随時紹介します。

☆新聞で紹介されています☆

産経新聞 神戸版 2014.3.23
「復興住宅訪問600回へ 神戸のボランティア団体 HPで問題共有
「時間重ねて見える問題も」「復興住宅訪問600回へ 神戸のボランティア団体

神戸新聞 神戸版 2014.3.23
住民の悩み聞き続け 神戸・週末ボランティア 新生 「将来の一助に」 復興住宅訪問、仲間募る

毎日新聞 神戸版 2014.3.23
「神戸・週末ボランティア新生」、被災者訪問30回目/兵庫

産経新聞 神戸版 2010.11.28
若者にも被災者支援の輪 神戸市民グループ「週末ボランティア」

当ボランティアは、2014年3月30日、
仮設・復興住宅訪問通算600回をむかえました!

This is 神戸・週末ボランティアYahoo! JAPANカテゴリ登録
されています。

Twitter - welove_kobe
MixiコミュニティMixiページ
掲示板FacebookページGoogle+Instagram
もよろしく!

おことわり
類似名称を用いているものにつきまして、2013年以降、神戸・週末ボランティアに(代表:東條健司)などの追記をしたものは、1995年に活動を始めた「神戸・週末ボランティア」及び当〈新生〉とは関係ありません。



カテゴリ
Twitter
Facebook
最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。