スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(新生)訪問活動の案内;2013/07/27

1.17→3.11新生140回復興住宅訪問活動

今、改めて「都市型災害」を神戸に聞こう!

日時:2013年7月27日(土)午後2時~5時

集合場所、時間:そごう神戸店前サンファーレ広場に、午後1時半にお越し下さい。
(2階山側入口前、ペデストリアンデッキの時計があるところです。阪神三宮すぐ、歩道橋でJR三ノ宮等と接続)
集合後、電車または徒歩で移動、復興住宅(神戸市営筒井住宅:中央区)をお訪ねします。

阪神淡路大震災で被災された方を、神戸市内の復興住宅にお訪ねし、震災のことや今お困りのことなどの「お話し伺い」をする傾聴ボランティアです。

ご参加の際は、メール、メッセージ(Facebook・Mixi及びTwitter - welove_kobeから)、にて、
予めご連絡下されば幸いです。  
 
若者にも被災者支援の輪 神戸市民グループ「週末ボランティア」神戸・週末ボランティアは、2013年、
サイト&コミュ管理人が主宰する「神戸・週末ボランティア 新生」のもと、
不定期ながらも毎回ニーズや課題に即したテーマを設定する新たな活動形態で、
阪神淡路大震災の被災者に寄り添い、共に歩んでいきたいと思います。


1月、3月、4月、今だからこそ寄り添おうと、パワープレイ~ヘビー・ローテーションで、集中的に訪問活動を敢行、おかげさまで、多くの皆さまに好意的にむかえていただきました。

この間14回で、旧グループの1年分に相当する460軒余をお訪ねしました。4月13日には、通算600回目の支援活動となりました。

そこで、猛暑の折ではありますが、今季もお訪ねさせていただくことにしました。

1回だけでも、初めてでも、お気軽に、ご一緒下さればうれしいです。


 阪神淡路大震災から18年の今2013年は、関東大震災から90年でもあります。現代と近代の日本が経験した代表的な「都市型災害」と位置づけることで、被災直後から長きにわたる支援や復興のあり方、その間の社会情勢など、多くを問い直す観点となるでしょう。

 東日本大震災以来「息の長い支援」の必要性とあり方が問われる中、時間的規定に即しての理解と行動が重要であるとともに、空間的規定に則してのそれ、即ち、災害という面からみた都市問題・都市論もまた然りでしょう。

 近代・現代に限っても神戸は、大小さまざまな災害に遭ってきました。その多くは水害で、長く防災政策において重視されてきました。今なお経験者がいるうちで古いところでは、阪神大水害(1938年7月3~5日)でしょう。戦後の高度成長期においても2度の大きな水害(1961年6月24~27日、1967年7月9日)に遭っているほか、記憶に新しいところでは、「ゲリラ豪雨」という言葉を広めた都賀川豪雨(2008年7月28日)がありました。長く神戸の地に在る方は、これらを乗り越えてきたのです。

 また、自然災害と同じに扱うことは適切とはいえませんが、戦争も市民に災禍をもたらしました。神戸及び阪神間では、神戸大空襲(1945年6月5日)のほかにも、大小幾たびもの空襲に遭い、今なお生々しい記憶をもつ方が少なくありません。戦争を経験した世代が高齢化する中で、被害者としての側面に収斂され、加害の一端を担った世代の声が小さくなっている状況を看過することはできません。こうしたバイアスが強まる今日、貴重な声に、いっそう耳を傾けなければならないでしょう。

 そうしたことを、心の片隅において、有意義なお話し伺いを実現したいと思います。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ボランティアさん募集
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

Secre

プロフィール

神戸・週末ボランティア 新生

Author:神戸・週末ボランティア 新生
 
We love KOBE Weekend Volunteer

神戸・週末ボランティア 新生の純正ブログです。

神戸・週末ボランティア 新生は、宗教や政党などまったく関係のない民間のボランティアです。寄付や署名の要請、投票依頼、販売行為などはいっさいしませんので、ご安心下さい。

お問い合わせ、ご相談、参加申込などの
メールはこちらからどうぞ。

メールお待ちしています。


当ボランティアは、2016年7月23日、
仮設・復興住宅訪問通算650回をむかえました!

ご案内とお誘い
 
1回だけでも、初めてでも、お気軽に

神戸・週末ボランティア 新生は、復興住宅への訪問活動を行い、阪神淡路大震災で被災された方からの「お話し伺い」(傾聴ボランティア)をしています。

詳細は随時紹介します。

☆新聞で紹介されています☆

産経新聞 神戸版 2014.3.23
「復興住宅訪問600回へ 神戸のボランティア団体 HPで問題共有
「時間重ねて見える問題も」「復興住宅訪問600回へ 神戸のボランティア団体

神戸新聞 神戸版 2014.3.23
住民の悩み聞き続け 神戸・週末ボランティア 新生 「将来の一助に」 復興住宅訪問、仲間募る

毎日新聞 神戸版 2014.3.23
「神戸・週末ボランティア新生」、被災者訪問30回目/兵庫

産経新聞 神戸版 2010.11.28
若者にも被災者支援の輪 神戸市民グループ「週末ボランティア」

当ボランティアは、2014年3月30日、
仮設・復興住宅訪問通算600回をむかえました!

This is 神戸・週末ボランティアYahoo! JAPANカテゴリ登録
されています。

Twitter - welove_kobe
MixiコミュニティMixiページ
掲示板FacebookページGoogle+Instagram
もよろしく!

おことわり
類似名称を用いているものにつきまして、2013年以降、神戸・週末ボランティアに(代表:東條健司)などの追記をしたものは、1995年に活動を始めた「神戸・週末ボランティア」及び当〈新生〉とは関係ありません。



カテゴリ
Twitter
Facebook
最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。