第559(新生117)回訪問活動 (2012/08/25) レポート

毎度「役立ちと学びのネットワークThis is 神戸・週末ボランティア」をご覧下さいまして,まことにありがとうございます。
8月28日の復興住宅訪問活動は,弊サイトをご覧になって初めて参加された方1名を含めた6名で行いました。今回は,住宅の戸数の関係で,普段より若干少ない戸数の訪問としましたが,前回同様,猛暑のためと,子どもたちの夏休みが終わり近いといった事情もあるのでしょうか,お出かけになることころも目立ち,お話を伺えたところは多くはなかったのですが,そうした中でも,訪問に応じてくださった方々に感謝したいと思います。

また,そうした中にあって,私たち参加者が,役立ちと学びの姿勢とモチベーションを維持してゆくことを,反省から導き出すべき課題としたいと思います。

猛暑といえば,この夏は,節電が昨年以上に求められているからでしょうか,冷房を使わず,玄関扉を開けたまま休んだりしているところも散見されましたが,熱中症などの予防や防犯などの対策は,していただきたいところです。

関西では,子ども向けの夏の行事として,地蔵盆が行われることが多い時期です。本来は旧暦の7月24日を中心に行うものでしたが,新暦に移行するところはあまりなく,それに近い,夏の終わり近い,この週末かその前の週末に行ったところが多いようです。子どもたちは,自分の町内だけでなく,何カ所かの地蔵盆を回って,あちこちでたくさんのお供物のお菓子をもらってきて,中には,サンタクロースや大黒様のような大きな袋に入れてくる猛者も,いるものです。そうした子どもがやがて大人になって行事を担うわけですから,そのあたりは,寛容の連鎖が受け継がれていいるといえるでしょう。

こういった寛容ぶりは,他の地域ではほとんど見かけないものです。また,高齢者の単身世帯が多い復興住宅では,地蔵盆が行われることはまずなく,盆踊りや餅つきなどといった行事も,中にはボラティアの手を借りて維持してきたところもありますが,やがては住民の高齢化から,年々小規模化したり,行われなくなっているところが多いようです。

関西はもとより関東でも,まだまだ暑い日が続いています。一方,東北では既に秋の便りもきかれ,朝晩の冷え込みにもできてているようです。弊サイトThis is 神戸・週末ボランティアをはじめ,MixiコミュニティMixiページFacebookページtwitter - welove_kobeをご覧戴いている皆様方も,季節の変わり目近く,それぞれの地でご自愛下さい。


この日伺ったところの概略です。

・80代男性。中央区で半壊。被災後2~3ヶ月娘宅に避難したが,被災した住宅に戻って住み続け,この復興住宅に入居。妻を震災後3ヶ月目に亡くし,息子が心配して時々来てくれる。買い物も自分でして,食事はほとんど,できあいのものを食べる。高血圧のため,2~3度倒れたことがあり,月1度通院するほか,薬は毎日飲んでいる。介護保険が高すぎると思う。足腰が弱っていて,医師からは1日1時間は歩くように言われているが,しんどくて,とてもできない。

・50代女性。兵庫区で被災。仮設住宅で訪問した際のことを覚えていて「当時幼かった子どもも大きくなりました」と言って程なく,母娘一緒に自転車で外出。夏休みの最後の週末にお出かけする後ろ姿を見送った。

・10代男性。生まれる前からここにいたらしい。ここが(被災者を優先入居させる公営住宅である)復興住宅であることは,何となく知っている。高齢者が多いが,友達もいるので,淋しくはない。

・女児。震災の時のことや今お困りのことなどを伺っているといった,訪問の趣旨を説明したところ「何のことか解らない。」<インタ-ホン越しに応答>

・40代女性。「出かけるところなので,ごめんなさい」と言って,自転車で外出。

・10代男性。僕は解らないので,話はできない。

・30代男性。暑さをしのぐべく,玄関扉を開けてお休み。

・「けっこうです。」<インタ-ホン越しに応答>
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 神戸
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

Secre

プロフィール

神戸・週末ボランティア 新生

Author:神戸・週末ボランティア 新生
 
We love KOBE Weekend Volunteer

神戸・週末ボランティア 新生の純正ブログです。

神戸・週末ボランティア 新生は、宗教や政党などまったく関係のない民間のボランティアです。寄付や署名の要請、投票依頼、販売行為などはいっさいしませんので、ご安心下さい。

お問い合わせ、ご相談、参加申込などの
メールはこちらからどうぞ。

メールお待ちしています。


当ボランティアは、2016年7月23日、
仮設・復興住宅訪問通算650回をむかえました!

ご案内とお誘い
 
1回だけでも、初めてでも、お気軽に

神戸・週末ボランティア 新生は、復興住宅への訪問活動を行い、阪神淡路大震災で被災された方からの「お話し伺い」(傾聴ボランティア)をしています。

詳細は随時紹介します。

☆新聞で紹介されています☆

産経新聞 神戸版 2014.3.23
「復興住宅訪問600回へ 神戸のボランティア団体 HPで問題共有
「時間重ねて見える問題も」「復興住宅訪問600回へ 神戸のボランティア団体

神戸新聞 神戸版 2014.3.23
住民の悩み聞き続け 神戸・週末ボランティア 新生 「将来の一助に」 復興住宅訪問、仲間募る

毎日新聞 神戸版 2014.3.23
「神戸・週末ボランティア新生」、被災者訪問30回目/兵庫

産経新聞 神戸版 2010.11.28
若者にも被災者支援の輪 神戸市民グループ「週末ボランティア」

当ボランティアは、2014年3月30日、
仮設・復興住宅訪問通算600回をむかえました!

This is 神戸・週末ボランティアYahoo! JAPANカテゴリ登録
されています。

Twitter - welove_kobe
MixiコミュニティMixiページ
掲示板FacebookページGoogle+Instagram
もよろしく!

おことわり
類似名称を用いているものにつきまして、2013年以降、神戸・週末ボランティアに(代表:東條健司)などの追記をしたものは、1995年に活動を始めた「神戸・週末ボランティア」及び当〈新生〉とは関係ありません。



カテゴリ
Twitter
Facebook
最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR