スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第543(新生101)回訪問活動

毎度「役立ちと学びのネットワークThis is 神戸・週末ボランティア」をご覧下さいまして,まことにありがとうございます。
 
今2011年も残すところあと半月ほどとなりましたが,弊サイトThis is 神戸・週末ボランティアをはじめ,MixiコミュニティMixiページFacebookページtwitter - welove_kobeを通じて,交流させていただいております皆様方は,いかがお過ごしでしょうか。

12月10日の復興住宅訪問活動は,常連参加者6名で,20戸程のお宅を廻って「お話し伺い」の傾聴ボランティアを行いました。

時節柄,また住民の方々の生活パターンからして,訪問に応じていただける割合は決して高くはありませんが,そうした中にあっても,貴重な成果と,これからの訪問活動にも活かすべき,傾聴にあたっての方法や姿勢に関する,教訓・反省点を得ることができました。

阪神淡路大震災から17年目を迎えようとする現在,震災や被災経験についてのそれぞれの経験はもちろん,意識や思いもいっそうさまざまになっています。被災経験がない住民も増える中にあっても,災害に対する思いはそれぞれにあることは言うまでもありません。

そうした多様な情況にある一人一人に寄り添うべく,丁寧で信頼感のある「お話し伺い」を心がけ,傾聴それ自体を「心のケア」とするにふさわしく,基本に立ち帰り,言動に注意と心がけを怠らないようにしたいものであると,改めて思いました。

12月14日は赤穂義士討ち入りの日で,赤穂市や墓所のある東京高輪の泉岳寺などで赤穂義士祭が行われていますが,私たちの訪問活動でお世話になっている倉谷さんの誕生日でもあります。例年この日の直近にうかがった際にはHappy Birthdayを歌っていましたが,今回は訪問活動終了後に病室を訪ね,小声でお祝いしてきました。


また,来2012年1月14日には,通常の訪問活動に替えて,神戸市勤労会館の一室で,ボランティアの集いを予定しています。そのための準備についても若干話し合いました。


この日うかがったところの概略です。

・60代女性,一人暮らし。灘区で全壊。九州から神戸にやってきて半年後に阪神淡路大震災に遭った。そのときは,身を守るために布団をかぶり,揺れがおさまってから家から脱出したものの,何が起こったか解らず頭の中は真っ白。神戸市内の仮設住宅に申し込んだが当たらず,大阪府で3年ほど過ごす。10年前にやっと当たったこの復興住宅へ。現在は年金で生活している。食品にだけは消費税をかけないでほしい,政治家は私たち貧しい人のことをもっと考えてほしい…。

・60代女性,夫(70代)・娘(20代)と3人暮らし。東灘区で全壊。私たちが訪問したところに,買い物から帰宅,「週末ボランティアって本物?」が第一声。この3年の間に脚や胸の手術を受けた。娘さんはヘルパーで,1級の取得を目指しているが,ある利用者宅に週5回入っていたところ,身体をこわしてしまった。利用者と同じ公営住宅の住民にも多く同様の症状が出ていたという。

・30代女性,夫・娘と3人暮らし。3年前,留学生の夫とともに神戸にきて,この復興住宅へ。人と防災未来センターを見学して,阪神淡路大震災は非常に怖いと思った。祖国・ベトナムでは毎年台風に見舞われており,小さい頃,怖い思いをしたが,震災はそれを遙かにしのぐ。ここに来てから生まれた娘を保育園に預けて,スーパーの仕事に。ボランティアに教わって日本語を勉強している。夫は大学院で研究に明け暮れている。

・女性。震災は経験していない。週末は子どもがいるので,世話がたいへん。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 神戸
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

Secre

プロフィール

神戸・週末ボランティア 新生

Author:神戸・週末ボランティア 新生
 
We love KOBE Weekend Volunteer

神戸・週末ボランティア 新生の純正ブログです。

神戸・週末ボランティア 新生は、宗教や政党などまったく関係のない民間のボランティアです。寄付や署名の要請、投票依頼、販売行為などはいっさいしませんので、ご安心下さい。

お問い合わせ、ご相談、参加申込などの
メールはこちらからどうぞ。

メールお待ちしています。


当ボランティアは、2016年7月23日、
仮設・復興住宅訪問通算650回をむかえました!

ご案内とお誘い
 
1回だけでも、初めてでも、お気軽に

神戸・週末ボランティア 新生は、復興住宅への訪問活動を行い、阪神淡路大震災で被災された方からの「お話し伺い」(傾聴ボランティア)をしています。

詳細は随時紹介します。

☆新聞で紹介されています☆

産経新聞 神戸版 2014.3.23
「復興住宅訪問600回へ 神戸のボランティア団体 HPで問題共有
「時間重ねて見える問題も」「復興住宅訪問600回へ 神戸のボランティア団体

神戸新聞 神戸版 2014.3.23
住民の悩み聞き続け 神戸・週末ボランティア 新生 「将来の一助に」 復興住宅訪問、仲間募る

毎日新聞 神戸版 2014.3.23
「神戸・週末ボランティア新生」、被災者訪問30回目/兵庫

産経新聞 神戸版 2010.11.28
若者にも被災者支援の輪 神戸市民グループ「週末ボランティア」

当ボランティアは、2014年3月30日、
仮設・復興住宅訪問通算600回をむかえました!

This is 神戸・週末ボランティアYahoo! JAPANカテゴリ登録
されています。

Twitter - welove_kobe
MixiコミュニティMixiページ
掲示板FacebookページGoogle+Instagram
もよろしく!

おことわり
類似名称を用いているものにつきまして、2013年以降、神戸・週末ボランティアに(代表:東條健司)などの追記をしたものは、1995年に活動を始めた「神戸・週末ボランティア」及び当〈新生〉とは関係ありません。



カテゴリ
Twitter
Facebook
最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。