ボランティア保険について (1)

東京都社会福祉協議会・ボランティア保険のご案内(平成23年度版)ボランティア保険とは

いわゆるボランティア活動において負傷したり損害賠償責任を負ったりした際の備えとしてボランティア保険があります。昨今,とりわけ2011年3月11日の東日本大震災以降は,ボランティア活動への参加にあたって,ボランティア保険への加入を推奨したり義務づけたりするケースが多くなっています。
 
審査等もなく,安価に簡単な手続きで加入できますが,補償内容や条件,プラン等が,加入手続きをする都道府県によって異なったり,年度によって変更されたりたりするほか,大規模災害特例措置もありますので,初めて何らかのボランティア活動に参加する人も,これまで何かしらの活動に関わってきた人も,自分が参加する活動にあった加入をするともに,既に加入している人及び,団体や活動主催者も,そのプランや補償内容について確認することを,おすすめします。

今2011年度のボランティア保険の加入者及び保険金支払いの増加により,補償内容の見直しや運用の厳格化が予想されますので,来2012年度以降の加入についても,補償内容の確認やプランの選択に注意してください。

ボランティア保険には主に,行事主催者がかける行事保険と,参加者個人が加入する活動保険があります。前者は主催者がその活動期間・参加者数に応じてかけるもので,参加者が特に手続きをするものではありません。参加費・手数料などとして徴収される中に保険が含まれている場合もあります。以下ここでは後者について主に述べていきます。

ボランティア保険(ボランティア活動保険)は,市区町村の社会福祉協議会で加入申し込みします。その補償内容や条件,保険料や補償限度・対象のプラン等は都道府県単位で異なります。今2011(平成23)年度において,プランのバリエーションが多いのは東京都で,他の道府県では,これより簡略になっています。

多くの道県では,全国社会福祉協議会を通じて扱っているため,同一の補償内容ですが,2年前から,基本プランと,地震・津波・噴火による負傷も対象とする天災プランが,各々3プランから各々2プランへと,保険料と補償額が高いプランを廃して,削減されています。東京都・宮城県・愛知県・京都府・大阪府・兵庫県では,各都府県の社会福祉協議会で,独自のプランを組んで,それぞれの保険会社が引き受けています。プランのバリエーションが多かったり(或いはほとんどなかったり),保険料を低廉に抑えたりといった特徴があります。

国籍,年齢,居住地,在勤・在学地,所属・主宰する団体・グループの所在地,活動しようとする場所など,実際のところ,日本国内である限り,加入にあたっての制限はなく,補償対象の範囲も日本全国ですが,ボランティア活動をしようとする人の居住地で加入するのが基本と考えていいでしょう。

居住地で申し込んだ場合,自治体や社会福祉協議会から,保険料が補助されるところもあります。プランにかかわらず全額補助される場合もあれば,補助対象のプランや金額が限られていたり,対象者や活動の場所・目的が限られていたりする場合もあります。

活動場所を限っての補助の場合,ボランティア活動保険とは別に,自治体が主催・関係するものに公費で行事保険をかけていたり(大阪市など),独自の保険(共済)を運営していたり(川崎市など)する場合もあり,この場合,個々の参加者や主催者が加入する保険と重複して保険金が支払われるか否かは,各々異なっているようです。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ボランティア活動
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

Secre

プロフィール

神戸・週末ボランティア 新生

Author:神戸・週末ボランティア 新生
 
We love KOBE Weekend Volunteer

神戸・週末ボランティア 新生の純正ブログです。

神戸・週末ボランティア 新生は、宗教や政党などまったく関係のない民間のボランティアです。寄付や署名の要請、投票依頼、販売行為などはいっさいしませんので、ご安心下さい。

お問い合わせ、ご相談、参加申込などの
メールはこちらからどうぞ。

メールお待ちしています。


当ボランティアは、2016年7月23日、
仮設・復興住宅訪問通算650回をむかえました!

ご案内とお誘い
 
1回だけでも、初めてでも、お気軽に

神戸・週末ボランティア 新生は、復興住宅への訪問活動を行い、阪神淡路大震災で被災された方からの「お話し伺い」(傾聴ボランティア)をしています。

詳細は随時紹介します。

☆新聞で紹介されています☆

産経新聞 神戸版 2014.3.23
「復興住宅訪問600回へ 神戸のボランティア団体 HPで問題共有
「時間重ねて見える問題も」「復興住宅訪問600回へ 神戸のボランティア団体

神戸新聞 神戸版 2014.3.23
住民の悩み聞き続け 神戸・週末ボランティア 新生 「将来の一助に」 復興住宅訪問、仲間募る

毎日新聞 神戸版 2014.3.23
「神戸・週末ボランティア新生」、被災者訪問30回目/兵庫

産経新聞 神戸版 2010.11.28
若者にも被災者支援の輪 神戸市民グループ「週末ボランティア」

当ボランティアは、2014年3月30日、
仮設・復興住宅訪問通算600回をむかえました!

This is 神戸・週末ボランティアYahoo! JAPANカテゴリ登録
されています。

Twitter - welove_kobe
MixiコミュニティMixiページ
掲示板FacebookページGoogle+Instagram
もよろしく!

おことわり
類似名称を用いているものにつきまして、2013年以降、神戸・週末ボランティアに(代表:東條健司)などの追記をしたものは、1995年に活動を始めた「神戸・週末ボランティア」及び当〈新生〉とは関係ありません。



カテゴリ
Twitter
Facebook
最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR